News

Facebookが新型コロナ関連の有害誤報に反応したユーザーに警告、ファクトチェックも実施

Facebook(フェイスブック)は米国時間4月16日の朝、現在進行中の新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに関する誤報の拡散に対処する最新の対策を発表した。その中でも重要なのは、このウイルスに関する虚偽のコンテンツにコメントしたり、反応したり、気に入ったりしたユーザーをターゲットにした新しいメッセージだ。

Facebookは、世界保健機関(WHO)からのメッセージをポップアップ表示し、リンクを共有するか、あるいはWHOの新型コロナウイルスの関連サイトを訪問するかを選択できる。「我々は、ウイルスに関する有害な誤報に接した可能性のある人々を、信頼できる情報源からの真実と結びつけたいと考えている」と同社は投稿に記している。

このポップアップは、今後数週間のうちに表示される。またリストには次の情報が含まれる。

  • 5Gモバイルネットワークは新型コロナウイルスを拡散しない
  • 体を日光や25°C以上の温度にさらしても、新型コロナウイルスを予防することはできない
  • 新型コロナウイルスからの回復は可能。感染したからといって、それが生涯続くわけではない
  • 咳や不快感を感じずに10秒以上息を止められても、新型コロナウイルスやその他の肺疾患がないことは意味しない
  • 飲酒は新型コロナウイルスを予防せず、むしろ危険な場合がある
  • 新型コロナウイルスは高温多湿の気候の地域でも伝播しうる
  • 寒さや雪では新型コロナウイルスは予防できない。
  • 熱い風呂に入っても新型コロナウイルスは予防できない
  • 新型コロナウイルスは蚊に刺されても伝染しない

おそらくほとんどの情報は周知されているだろうが、Facebookでは常にそうというわけではない。念には念を入れるのが無難だ。また同サイトには「Get the Facts」という新しいページも追加されており、メディアのファクトチェックなど正確な情報が収集されている。この情報は近々、Facebook Newsにも掲載される。

新型コロナウイルス 関連アップデート

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.