News

Apple、デザインガイドライン「Apple Style Guide (July 2020)」を公開。blacklist/whitelistやmaster/slaveなど人種差別につながりかねない用語を禁止に。

 Appleがアプリケーションのデザインガイドライン「Apple Style Guide (July 2020)」を公開し、blacklist/whitelistやmaster/slaveなど差別的にとらわれる用語を禁止しています。詳細は以下から。

Apple Style Guide

 Appleは現地時間2020年07月16日、開発者やIT管理者向けにアプリケーションやマニュアルを開発/作成する際に使用するAppleのマテリアルやコンテンツの正式名称をまとめたガイドライン「Apple Style Guide」をアップデートしたと発表しています。

Apple Style Guide

 今回のアップデートではApple TV+やHDR/SDRなどの新しいエントリーが含まれている一方、メーリングリストでは明言されていないものの現在アメリカで続いている人種差別反対運動(Black Lives Matter)を受けTwitterやMicrosoft、GitHubなどのIT企業と同様に、blacklistやmaster/slaveといった差別的にとらわれかねない用語を禁止しています。

 AppleはアップデートしたApple Style Guideの中で、blacklist/whitelistの代わりdeny list/allow listやunapproved list/approved listを、master/slaveの代わりprimary/secondaryやprimary/replica, main/secondary, host/clientを用例に合わせて使用するように求めているので、開発者の方はチェックしてみてください。

AppleがApple Style Guideで人種差別的用語を禁止

ちなみに、今回のアップデートでは日本に関係するワードで
Asia Pacific (n., adj.)」が含まれています。

追記

 AppleのDeveloper Newsでも発表されました。

Updates to Coding Terminology

At Apple, we’re working to remove and replace non-inclusive language across our developer ecosystem, including within Xcode, platform APIs, documentation, and open source projects. These changes began on June 22 with the beta software and developer documentation released at WWDC20 moving to terms such as allow list and deny list, and main as the default SCM branch in Xcode 12. An updated Apple Style Guide reflects these and other changes.

News – Apple Developer

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.