News

住宅地にある「頭部のない」石刻造像がネットで話題 重慶市

【12月15日 Xinhua News】中国重慶市(Chongqing)の住宅地にある頭部のない石刻造像がこのほど、ネット上で話題となっている。

 同市南岸区南坪正街の岩壁の崖に彫られたこの造像は、高さ約10メートルで、端座し、両手を合わせている。外側は年月を経た緑色のコケに覆われている。

 南岸区文物管理所によると、この造像は第3回全国文化財調査の結果から、中華民国時代のものとみなされており、頭部は50年代に破壊された可能性があるという。同造像の文化財的価値は、近現代史分野の専門家による研究が行われた後に確定される。(c)Xinhua News/AFPBB News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.