News

機械オンチが「スマホ格安プラン」でつまづくポイントは? 「povo」に契約変更してみた – NEWSポストセブン

シンプルな契約内容が魅力ではあるが…(povoホームページより)

 大手3大キャリアによるオンライン申し込み専用の新ブランドが出揃い、そちらに切り替える人が増えている。ドコモからは月2970円(価格は税込、以下同)で20GBまで使えて1回5分までの通話料込みの「ahamo」(アハモ)。月2728円で20GBまで使えるauの新ブランド「povo(ポヴォ)」と、ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」。

 安さに惹かれつつも、「手続き、サポートがオンライン限定」という点でためらう人々も多いことだろう。また、「低価格の代わりに、ネットに繋がりにくいのではないか?」という心配もあるかもしれない。

 SNSやゲームアプリで毎日7時間以上スマホに触れるスマホ依存気味でありながら、大の機械オンチでもある筆者が、その中から「povo」を契約し、使用感を試した。「povo」にしたのは、もともとauユーザーだったからだ。

申し込みは、拍子抜けするほど簡単

「povo」は契約窓口もオンライン限定だ。筆者はデータ通信量やら料金プランやらに疎く、携帯ショップでは毎回スタッフに勧められるがままに契約している。そんな自分がオンライン手続きなんてできるのだろうか……と尻込みしていたが、結論から言うと、簡単にできた。

 筆者のようにもともとのauユーザーが「povo」に乗り換える手続きは、ごく簡単だ。まず「povo」公式サイトにアクセスし、「auから変更」を選び、「au IDにてログイン」を選べばいい。最初からauのIDを持っているので、面倒な入力作業はなかった。利用中の端末がpovoに対応しているか、といった確認事項に対して、ほとんど「はい/いいえ」で答えていくだけなので、5分〜10分で契約完了した。個人的な感覚としては、何らかのアプリをダウンロードして、アカウントを作る程度の手間とそれほど変わらず、やや拍子抜けするほどだった。

 自分の使い方に合わせた各種「トッピング」について選択する場面があるが、「5分以内通話かけ放題550円/月」、「通話かけ放題1650円/月」、「トッピングなし」の3択から選ぶだけだ。トッピングの設定は「povo」アプリなどから後で簡単に変更できるようだ。

 ほかにもトッピングには、「データ使い放題220円/24時間」や「データ追加550円/1GB(有効期間31日)」なども用意されており、これらは「povo」アプリから必要に応じて選択することができる。

 普段よくスマホを使うため、「通信のスピードが遅くなったらどうしよう」と心配してもいたのだが、まったくの杞憂に終わった。「povo」は格安プランといえども、auの回線を使用しているので、通信エリアは広く品質も安定している。契約前後でネットサーフィンの快適さは変わらない。「povo」だとキャリアメールや留守電が使用できないが、もともとあまり使用していなかったので、とくに不便は感じない。

課題は「紛失時の回線停止」手続き

「povo」を契約してから約1か月、今のところ筆者は何の不便も感じていない。こんなことなら提供開始すぐ契約していれば、月々の通信費がもっと節約できたのに……と少々悔しく感じているほどだ。

 しかし、自分自身がまだ気づいていないだけで、実は機械オンチがはまる落とし穴が存在するのではないか? 数ある携帯会社の中から最適なプランをクライアントに提案する「携帯見直し本舗」の代表取締役社長・鮎原透仁氏にその不安をぶつけてみた。

「少しレアケースにはなってしまいますが、スマホの端末を紛失したとき、『povo』だと少し面倒かもしれません。通常だとauショップに行けば回線を一時停止してくれるんですが、『povo』は店頭でのサポート対応を実施していないので、自力でオンライン上で回線停止の手続きをしないといけません。ほかにパソコンなどを持っていない方だと、スマホがない状態でオンライン上で手続きするのは、なかなか大変ですよね」

「自力でSIMカード差し替え」の壁も

 鮎原氏は、機械の操作があまり得意でないクライアントの相談に乗ることも頻繁にある。どの程度スマホを使いこなしている相手であれば、「『povo』を提案して問題ない」と判断するのだろうか?

「『povo』は端末の販売をしていないため、端末を買い替えたくなったとき、『auショップや家電量販店の店頭で機種変更手続きをし、SIMカードの差し替えなどの初期設定をスタッフに対応してもらう』という通常の流れを辿ることができません。家電量販店やオンラインストアなどで端末だけを購入し、SIMカードを自力で差し替えて使わなければならないんです。機械の操作が苦手な方にとっては、機種変更が一番の難所でしょうね。

 ちなみに、今年5月からpovoを含めたau以外のユーザーでもauのオンラインショップで端末購入ができるようになる予定だったのですが、2021年夏以降に予定が変わりまだ始まっていません(※7月20日時点)。公式のオンラインショップで端末を購入できるようになれば、『povo』の利便性というのもまた少し変わりそうですね」(鮎原氏)

 契約が簡単だったので安心していたが、機種変更という落とし穴があったとは! 筆者の場合、スマホを機種変更したばかりなので、機種変更はまだ先の話だが、いずれは避けて通れない道だ。とりあえず機械オンチが「povo」を契約したいなら、契約の前に機種変更を済ませておいたほうが安心だろう。

●取材・文/原田イチボ(HEW)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.